第二回尾崎放哉賞のご案内

「咳をしても一人」「こんなよい月を一人で見て寝る」等、自由律俳句の名作を残した尾崎放哉。「尾崎放哉賞」は、小豆島の俳人、故井上泰好氏の献身的な努力により長年続けられた「放哉賞」を受け継ぎ、このたび自由律俳句結社「青穂せいほ」が主催となって新たに創設されました。放哉を偲ぶとともに百余年の歴史ある自由律俳句の魅力をより広め、多くの方々に親しんでいただくことを目的として、ここに自由律俳句を公募し「青穂」の大会で表彰を行うものです。どうぞ ふるってご応募ください。お待ちしております。

「青穂」代表小山 貴子
尾崎放哉賞 実行委員長きむら けんじ
大会事務局長西川 勝

表彰

一般の部

尾崎放哉大賞 1名賞状と賞金 10万円
優秀賞 5名賞状と賞金 1万円
入賞 10名賞状とクオカード 3千円分

高校生の部

最優秀賞 1名賞状とクオカード 5千円分
優秀賞 10名賞状とクオカード2千円分
特別賞  5名愛媛県愛南町特産品
(俳人 夏井いつき氏の出身地 愛南町よりご提供いただきました)

応募要項

※作品の募集は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

応募締切

2018年11月30日(金) 必着

投句料

二句一組で 2,000円(何組でも可/郵便小為替もしくは現金書留)

※《高校生の部》は無料(ただし二句まで)

応募方法

応募用紙もしくは原稿用紙にてお送りください。

送付先:
〒825-0005 福岡県 田川市 糒 1908-6
高木 架京 宛

表彰式

2019年 6月 1日(土) 場所:未定(青穂大会にて)

選者

自由律俳句結社「青穂」役員

主催

自由律俳句結社「青穂」

※ 応募作品は未発表のものに限ります。違反のあった場合には、表彰を取り消します。

※応募いただいた作品および作者名の公表については,尾崎放哉賞実行委員会にその権利が所属するものとさせていただきます。

※なお、受賞結果はこのホームページでも掲載いたします。

投句用紙

投句用紙はこちらからダウンロードできます。印刷してお使いください。(PDF形式, 約 50 KB)

過去の応募作品

お問い合わせ

尾崎放哉賞 事務局

メールアドレス: